新潟 南魚沼 Mt.グランビュースキー場

サッカー交流会 農業自然交流 の宿 「 ロッジ白道 」

 TOP > コシヒカリ塾 >コシヒカリ塾 in しおざわ 農業体験食育講座





 

■ コシヒカリ塾 in しおざわ (農業体験食育講座)

本物の魚沼産コシヒカリを田植えから稲刈りまで自分の手で作って見ませんか?

日本人の主食は時代が変わっても「米」です。

近年、食生活が向上し、お金さえ払えば世界中の食べ物が、私たちの口に入る世の中になりました。しかし、私たち日本人には、遠い先祖から代々受け継がれて来た、米作りや野菜作りなどの自分たちのための食べ物作りの食文化があります(しばらく、忘れてしまっている人が多いと思いますが……)。そして、それらの文化を次の世代の子どもたちに引き継いで行かなくてはなりません。また、米を初めとして、食べ物作りをする人がいなくなったら、日本の食文化や日本国そのものが滅びてしまいます。遠い祖先から培った食生活は世界に類を観ない食文化と言われている。

今日、日本の財政は破産状態です。社会保険庁の年金問題、社会保障の崩壊、国債の発行、県や各市町村の起債、林野庁の債務、旧国鉄の債務、住専の債務、金融破綻、官僚の天下り先の公社公団への資金流用、不良債権、あるいは国の隠れ借金などを含めると、国民一人当たり約1千万円の税金を背負って生活していることになります。

私は5人家族ですので、約5千万円の税金を背負っているわけです。近い将来、お金を出して物を買って食べる時代だから、自給自足の時代になるのは、すぐそこまで来ていると経済評論家や有識者は声を高くして訴えています。私も同じです。

私自身も、子育てをしながら、この子どもたちの将来について、少なからず不安を感じています。そこで、私は子どもたちに限らず、大人の方にも、米作りや野菜作りを体験し、足を大地に触れ人間形成に役立つ環境の場を、皆様に提供しています。

世間では「魚沼産コシヒカリ」はブランド米ですが、都市部で発売されている「魚沼産コシヒカリ」は多くの場合、いろいろな地域の「コシヒカリ」をブレンドして「魚沼産コシヒカリ」として発売しています。美味しい「魚沼産コシヒカリ」の中でも特に美味しい米の産地は、南魚沼市旧塩沢町の中でもごく一部の地域に限定されます。特に美味しい「魚沼産コシヒカリ」は、そのごく一部の地域の農家から、直接購入しない限りは入手できないのが実情です。その限定された地域の農家の皆さんのご協力をいただき、今回皆さんに米の田植え(春)、稲刈り(秋)、野菜の種蒔き・植え付け(春)、取り入れ(夏〜秋)等を経験していただければ幸いと考えご案内をさせていただいております。

「ロッジ白道」では四季を通じてご利用いただくお客様に、特に美味しい「魚沼産コシヒカリ」と無農薬、有機肥料での野菜を提供し、美味しい食事を楽しんでいただけるように、一生懸命努力しております。特に、女房は無農薬、有機肥料での米作りや野菜作りに関心を持ち、自身も自宅の菜園で実践し、次の世代を担う子どもたちのために、少しでも自然を基本とした食生活の環境作りに努力しています。


「 足を大地にしっかりと触れ、大地からの力を吸収する事が人間自立の原点 」

 

 

     
子供たちのためのサッカー合宿、サッカー練習試合、サッカー大会と魚沼産コシヒカリの田植え体験、稲刈り体験、畑での収穫体験など農業体験をとりいれた交流会に毎年たくさんご参加頂いています。はじめての方もぜひご検討下さい。



■ お問合せもお気軽に ■

025-783-2673
 

Mt.グランビュースキー場
ロッジ白道